トップページ   >   韓国観光情報   >   お勧めの医療観光ツアー

韓国観光情報

印刷

お勧めの医療観光ツアー

カテゴリウェルネス
昼より華やかなソウルの夜物語! ソウル夜景巡り
登録日 2020-06-26 14:11:02
昼より華やかなソウルの夜物語!ソウル夜景巡り


旅は、時として昼より夜のほうが魅力的。にぎやかなソウルの都心は、夜になると空の星が全部地上に降りてきたかのように華やかな光で彩られる。都心の真ん中、空に一番近いところ、漢江岸など、大満足間違いなしのベスト夜景スポット3選をご紹介する。





都心を流れる青い天の川、ソウル路7017


文化駅ソウル284前の往復15車線道路を横切る高架橋「ソウル路7017」。撤去されるところだった古い高架道路が「都心の空中庭園」をコンセプトに大変身。今では誰でも散歩を楽しめるソウルの名物になった。この道は1024mと比較的短いものの、ソウル都心の真ん中で228種類24,000本余りの植物が放つ爽やかな空気を味わいながら散歩できる。昼間のソウル路7017はにぎやかな都市の表情を見せてくれるが、夜はまた違った雰囲気。夜になると約550個の植木鉢や街灯に設置されたLED照明が灯る。するとたちまち都心の真ん中に青い天の川が現れ、まるで魔法のよう。夜景鑑賞のベストスポットは、崇礼門と文化駅ソウル284が見える橋の中間あたり。ここからはソウルスクエアの建物の上で繰り広げられるLED映像ショーも見られる。夜景を満喫した後は、17本の枝分かれした道のうち、おいしそうな匂いが漂ってくる南大門市場方面に向かおう。夜市では、太刀魚の煮付けや豚足をはじめとする様々なストリートフードの饗宴が繰り広げられる。






所在地 ソウル特別市中区青坡路432一帯
ウェブサイト seoullo7017.co.kr



ソウルの夜景を空高くから望めるソウルスカイ


ソウルで展望台の歴史を塗り替えたソウルスカイは、昼夜を問わず人気がある。117階から123階まであってソウルで一番空に近く、「神の視点」で夜景が見られる最高のスポット。地下でチケットを購入してからエレベーターで上がるようになっており、118階のスカイデッキは地上478mの高さで、「世界一高いガラス張り床の展望台」としてギネスブックに載っている。スリル満点の「自撮り」に挑戦する人でいつもにぎわっている。120階のスカイテラスは、天井のない建物の外に出られるようになっている。ここから眺める漢江の夜景が絶景。最後のコースは123階にある「123ラウンジ」。昼間はカフェだが、夜になると雰囲気のあるラウンジバーに変身。ラウンジの席に座ると、きらめく夜景が果てしなく遠い風景のように感じられ、まるで空に浮かんでいるようで幻想的。せっかく展望台に上がったのに天気が曇っていたり雨だったりしても、がっかりすることはない。118階の「スカイシアター」では、晴れた日の展望台からの眺めを大型スクリーンの映像で見られる。このほかにも見どころが多いので、入場料の元を取りたければ時間に余裕をもって訪れよう。





所在地 ソウル特別市松坡区オリンピック路300 ロッテワールドタワー
ウェブサイト seoulsky.lotteworld.com



ロマンチックの「極み」漢江の夜景が楽しめる盤浦漢江公園



パリにセーヌ川、イギリスにテムズ川があるように、ソウルには漢江がある。川辺の夜は全世界共通でロマンチックそのもの。ソウルも同じで、漢江では盤浦漢江公園がその代表格。まず目を引くのは、公園の前にあるセビッ島。漢江に浮かぶ3つの人工島「カビッ島」「チェビッ島」「ソルビッ島」で構成され、夜になると色とりどりの照明が灯る。まるで漢江に大きなスイレンが咲いたようだと言えばイメージできるだろうか。公園と島は歩行路でつながっているので歩いて行ったり来たりでき、ソルビッ島の屋上カフェが特等席。午後10時まで利用でき、漢江の夜景を静かに楽しむのにぴったり。漢江の夜景のハイライトとして、月光レインボー噴水は必見。世界最長の橋脚噴水で、長さ570mの盤浦大橋の橋脚に虹色の照明が灯り、見事な噴水ショーが繰り広げられる(*新型コロナウイルスの影響で2020年 の稼働は7月4日からの予定)。





所在地 ソウル特別市瑞草区新盤浦路11ギル40