Go the body


トップページ   >   韓国観光情報   >   お勧めの医療観光ツアー

韓国観光情報

印刷

お勧めの医療観光ツアー

カテゴリウェルネス
Once is never enough、 統営をリュージュ(LUGE)で疾走
登録日2018-04-09 10:26:56
Once is never enough、

統営をリュージュ(LUGE)で疾走


ジェットコースターのようにスリル満点。雪ソリ遊びに似ているけれど1年を通して楽しめる。慶尚南道、統営(トンヨン)のレジャースポーツ、リュージュのことだ。リュージュはタイヤが3つ付いたカートに乗ってトラックを疾走するアトラクションだ。ゴールしたら誰もがこう言う。「Once is never enough(一回だけでは到底満足できない!)」






ウィンタースポーツのリュージュとは違うスポーツ?


その通り、異なるスポーツだ。リュージュは特別に作られたカートに乗り、地面の傾斜を利用してトラックを走るアトラクションだ。ウィンタースポーツのリュージュと名前は同じだが、乗り方ははるかに簡単だ。カートに方向と速度を調節できるハンドルが装着されているからだ。タイヤも3つも付いている。リュージュはニュージーランドで発明され、これまでに世界中で3,500万回以上も楽しまれている。十分、グローバルなアトラクションだと言えるだろう。






どこで乗るの?


リュージュは統営、弥勒山(ミルクサン)の中腹から出発する。山の中腹まで行くために、ふもとの下部ターミナルから上部ターミナルまで、リフト「スカイライド」に乗る。リフトに乗る前に、頭にフィットするヘルメットを着用することを忘れずに。スカイライドから見下ろす南海(ナムヘ)の波のうねりも、リュージュに乗る時のもう一つの楽しみだ。






どうやって乗るの?


乗り方はソリと同じぐらい簡単だ。ただし、ブレーキがある乗り物なので初めての人は運営スタッフからブレーキの操作方法を学ばなければならない。レバーを外側に押すと出発・加速が可能で、体に向かって内側に引けば減速・停止が可能だ。乗る人が自分で速度と方向を制御できる点がリュージュの魅力だ。その代わり、注意点が一つある。レバーから手を離してはいけないということだ。レバーを離すと、カートが急停車してひっくり返る危険があるためだ。






リュージュのトラックはどんなコース?


高さ110mに位置する山の中腹から1.5kmの長さのトラックを降りてくる。コースは直線、曲線(S字、U字)、360°回転区間などバラエティに富んでいて非常に楽しい作りになっている。360°回転する区間は、韓国の統営だけにある特別なコースだ。スピードを満喫したければ、最初の直線コースでブレーキをかけずに走行しよう。加速度がつき、トラックを高速で走り降りることができる。加速度がある程度ついてきた頃にカーブに差し掛かるので、スピードは自然と落ちる。怖がったり心配したりする必要はない。危険なエリアには安全管理スタッフが待機しており、トラックの両サイドは小高くなっているので外側に脱線することもない。




リュージュに乗って嫌な気分になる人などいない。スピード対決をする若者や、仲のいいカップル、子供を前に乗せたママやパパまで、誰もが明るく笑っている。春の日のエキサイティングなライディングに皆の歓声が飛び交う。そしてゴールに到着すると、すぐにまた乗りたくなってしまう。出口に書かれた言葉、「Once is never enough」の意味を悟る瞬間だ。そんな人たちのために、出口では3回、5回、7回券を販売している。


- 住所:慶尚南道統営市パルゲ路178
- 電話:070-4731-8473
- ウェブサイト: www.skylineluge.com/luge-korean


韓国の医療観光

韓国のウェルネス

韓国観光情報

お客様サポート

お役立ち情報

地域医療観光案内


私たちは、医療機関等の紹介を担当しており、医療サービスを提供する当事者ではありません。
したがって、医療機関等が提供している医療サービスの情報や内容などに関して一切の責任を負わないものとします。