トップページ   >   韓国のウェルネス   >   癒し&瞑想   >   全南圈環境性疾患予防管理センター

韓国のウェルネス

印刷

全南圈環境性疾患予防管理センター

全南圏環境性疾患
予防管理センター
전남권 환경성질환 예방관리센터

全南圏環境性疾患予防管理センターがある、帝岩山休養林近くの熊峙面に入ってからヒーリングは始まる。美しい村道の果て、帝岩山休養林に包まれているここは、堅い名前を持っている割には柔らかい感じのスポットだ。「森の遊び場」や「治癒の場」、「心休まる空間 」のような名前にもっとふさわしい。

環境性疾患の解決策「緑茶」

アトピー・喘息・アレルギーによる鼻炎や皮膚炎、重金属のような有害環境によって発生したその他の疾患が代 表的な環境性疾患に該当する。「全南圏環境性疾患予防管理センター(以下センター)」は、環境性疾患を定義・教育し、病気予防と治療に役立つ様々な方法を提案する機関だ。環境性疾患に優れた効能を持つ「緑茶」の産地にセンターを構えたのは、正しい選択だったと言えよう。 緑茶には、からだに蓄積された重金属と環境ホルモンを除去する他にも様々な効能がある。緑茶に含まれているテアニン成分が脳にアルファ波を増加させ、心の安定を取り戻して集中力を高めるのに役立つ。カテキンが多量に含まれており、体内の坑酸化システムを活性化する。また、口腔と腸内の殺菌作用を手助け、虫歯や食中毒を予防し、肌の皮脂の分泌を抑えて炎症性皮膚疾患を改善する。

センターでは、緑茶を利用したウェルネスプログラムに力を入れている。「茶薫瞑想」、「緑茶を利用した料理作り」、「ヒノキ緑茶の植木鉢づくり」などのプログラムを運営し、探訪客なら誰でも楽しめるよう、緑茶足湯と緑茶湯を作った。緑茶足湯は、建物後方のこじんまりした庭園にある。野外空間であるため、周辺の景色を眺めながら足浴を楽しむことができる。陶器で作った足浴器にお湯を張り緑茶バックを入れるが、足で緑茶バックを踏めば踏むほど緑茶汁がにじみでて効能が倍増する。 利用時間は20分で、足浴を楽しみながら緑茶を飲み、足浴の後にはアロマオイルを足に塗って保湿する。足湯の隣の室内空間に用意された緑茶湯では、深い緑茶の香りが漂う。濃い目に淹れた緑茶にからだを浸かることができ、普段は男湯と女湯が分けられているが、家族単位の探訪客の要請がある場合には性別に関わらず入場することができる。チムジル服を着て入るシステムとなっており、7人以上が集まって申し込まないと利用できない。

「茶薫瞑想」は、壁面と床をすべてヒノキで仕上げた治癒瞑想室で行われる。大きな陶器に緑茶を注ぎ、頭を下げて緑茶の温もりを吸いこむ瞑想法で、温もりが外に漏れないよう大きなタオルを被って行う。1時間の茶薫瞑想を終えると、呼吸器が浄化され体内の寒気が排出される。そのうえ、息をする間にセロトニンが分泌され、情緒安定やストレス解消に役立つ。6人以上体験可能で、予約は必須だ。

環境まで考える休息の時間

センターでは、宿泊施設を運営している。ヒノキで仕上げた宿泊洞の名前は「元気回復の家」だ。8人部屋と4人部屋の2つのタイプで構成された5棟8室の規模で。一年中ほぼ満室状態となる。主に家族単位の探訪客が訪れるため、みんなで参加できるプログラムが多い。「菜園づくり」、「空気浄化植物の植え」、「エコバッグデコレーション」、「ヒノキのティッシュケースづくり」、「エ コ料理づくり」、「天然製品づくり」、「天然染色」などがある。健康にかかわるテーマも欠かせない。センター内の乳児遊び室の片方に用意された基礎検査室では、体成分測定やストレス指数検査を受けることができる。

「ファントプルガマ(黄土火窯)」、「チャムスッバン(堅炭部屋)」、「ヒマラヤ岩塩で作られたソグムバン(岩塩部屋)」、「ピョンベクナムバン(ヒノキ部屋)」、「リラックスホール」、「マッサージチェア」が完備されている大人専用リラックスルームなどでは、水遊びでたまっ た疲れを取ることができる。「酸素部屋」、「麦飯石部屋」、「黄土部屋」で構成された「健康増進体験室」では、暖かいチムジルでからだをほぐすことができる。プログラム参加申し込みは3日前まで、健康増進体験室を利用するには部屋を暖めるために時間がかかるため、1日前までに予約する必要がある。

森を楽しむいくつかの方法

帝岩山自然休養林には様々な楽しみ方がある。大人専用のジップライン、アドベンチャー施設、高齢者のためのデッキロードである5.8kmのトヌム道や様々な形の探訪道をすべて見て回るためには、時間の余裕を持った方がいい。来年3月には、地上10メートルから、森や貯水池の美しい風景を眺めながら降りてくることができるマウンテンスライドも開場する予定だ。

INFORMATION

  • +82-61-852-4187~8
  • 予約必須(足浴を除く)
  • チムジルバン・緑茶足浴 5千ウォン
    緑茶湯 大人7千ウォン・
    子ども5千ウォン(7人以上利用可能)
    空気浄化植物の植え 1万ウォン
    茶薫瞑想 1万5千ウォン
    美人茶薫瞑想 2万ウォン