トップページ   >   韓国のウェルネス   >   自然&森の治癒   >   ファームカモミール

韓国のウェルネス

印刷

ファームカモミール

ファームカモミール
팜카밀레

 

忠清南道泰安のファームカモミールは、ハーブの香りが漂うエキゾチックな雰囲気の農園。園芸、観賞、活用、芸術という4つのキーワードがしっくりくる農園の所々に、人と自然が共存するための深い考察が見え隠れする。

忠清南道泰安の丘陵地帯にあるファームカモミールは2004年5月にハーブ農園として開業し、現在は延べ人数10万人が訪れるウェルネステーマパークに成長。3万9000㎡の広大な敷地に設けられたハーブ庭園の遊歩道を歩いていくと、ハーブショップやカフェ、レストラン、動物園、愛犬の遊び場が見えてくる。あちこちを見て回ったり、体験プログラムを楽しんだりしていると、あっという間に時間が過ぎる。

異なった香りと魅力があふれる10のガーデン

入場者は大きな楕円を描くようにして10のガーデンを見て回る。所要時間は約1時間。ガーデンとガーデンをつなぐ遊歩道は、叙情的な雰囲気たっぷりの「インスタ映え」スポット。「星の王子さまガーデン」は噴水と彫刻像、花が調和する自然な美しさを追求。ファームカモミールのすべての植物を集めたここは、季節ごとに違った表情を見せてくれる。「ローズガーデン」は石で枠を作り、階段ごとに約60種類のバラが植えてある。品種によって開花時期が異なるため、6月から初雪が降る直前まで順々に花を咲かせる。「ケーキガーデン」はホールケーキを切り分けたような形をしている。春から秋にかけて華やかな花で埋まる。「ラベンダーガーデン」では、聖マリアの花と呼ばれているラベンダーとイブキジャコウソウとも呼ばれるタイムが育つ。ファームカモミールの最も美しい丘陵に広がっている。「キッチンガーデン」では食材として使うハーブを育てており、教育農場として園芸体験プログラムが行われる。「カモミール&セージガーデン」は、春はハーブティーや化粧水の原料として使われるカモミールが満開となり、秋は鮮やかな紫色のセージがガーデンを埋め尽くす。「イベントガーデン」は、春はチューリップ、夏はヒマワリとスパークル、秋は菊が咲き、季節ごとに楽しい花のイベントが開かれる。「ロマンチックガーデン」は、中世ヨーロッパの文様を植物で演出しており、造形美が印象的。3つの池がある「湿地植物園」は必見。湿地植物や水生植物、水際植物などが生えている。水中昆虫や魚、カエルの繁殖場所となり、鳥が飛んできてのんびり水を飲む様子も見られる。湿地植物園の後ろには「アニマルガーデン」がある。ロバやウサギ、ヤギ、ミニブタ、七面鳥などが見られ、餌やりもできる。

ハーブを利用した体験プログラムも盛りだくさん

ファームカモミールの体験プログラムは選択の幅が広い。屋外スペースでは園芸体験ができ、屋内の工房ではハーブティーやハーブ料理の体験、ハーブ石鹸作り、化粧水とオイルの抽出、押し花、木工芸教室などが行われる。カフェスペースではパンやコーヒーなどの簡単な飲食物のほかにハーブ加工品も販売しており、アロマセラピーや足湯、イヤーキャンドル体験もできる。プログラム利用者にはハーブティーが出される。ドイツから直輸入されたイヤーキャンドルは、心身のリラックスと浄化に優れた効果がある。中が空洞になっている特殊キャンドルを耳に差し込み、反対側の端に火をつければ体内の不純物が排出される。ヒノキと黄土で作ったチムジルバンで行われるため、疲れもスッキリ取れる。

ファームカモミールでの宿泊

農園内にある「星の王子さまペンション」に泊まることもできる。客室は全部で10室あり、1室につき2人から最大8人まで泊まれる。ガーデンを見下ろせる2階の客室が人気。ペンションの周辺は、夏にアジサイが満開となる。車で5分あれば行ける夢山浦海岸では干潟体験が可能。

INFORMATION

  • +82-41-675-3636
  • 3月~11月 09:00~19:00、
    12月~2月 09:00~17:30
  • 要予約
  • 大人8000ウォン、
    65歳以上の高齢者7000ウォン、
    未就学児童5000ウォン
    (12月~2月は2000ウォン割引)

上記は、2019年3月現在です。