トップページ   >   韓国のウェルネス   >   韩方   >   国立山林治療園

韓国のウェルネス

印刷

国立山林治療園

国立山林治療園
국립산림 치유원

 

山林が、健康に及ぼす効能については、既によく知られている。森の治癒力の象徴ともいえるフィトンチッドや、マイナスイオンが健康に及ぼす効能についても周知の通りであり、国立山林治癒園は、森の効能をよりしっかり体験できるようにプログラムを組んでいる。

山奥の秘密の別荘での夜

国立山林治癒園は、日帰りから1泊など短期間での山林治癒プログラムを利用する人のためのチュチ村や修練センター、治癒庭園、水治療センター、健康増進センターなどがある「チュチ地区」と、長期滞在者のためのムンピル村がある「ムンピル地区」に分けられる。そして、この空間を「治癒の森の道」と名づけられた9つの道が囲んでいる。

山の中の静かな別荘のようなチュチ村とムンピル村の宿泊施設は、天然木材や黄土が使われている。短期滞在の旅行者のためのチュチ村の宿泊施設は、2階構造の作りで出来ていて、家族単位の観光客に人気である。客室はゆったりとした広さで快適である。村の丘にあるために、まるで山の中にある秘密の別荘のような雰囲気で、入り口を入る瞬間からわくわくする。テレビやインターネット施設がないので、普段とは違い、ゆっくり会話を楽しんだり、読書に集中したりできる。24時になると、山林治癒園内が消灯時間となり、都会では味わいにくい「夜」の時間 を楽しめる。見渡す限りが星である。テラスに出て、降り注ぐ星の光を照明代わりに、静かな夜を満喫するのも良い。そして、宿泊プログラムは3食の食事付きなので、食事の心配をする必要もない。食事も低塩食、有機野菜などと健康に配慮した調理法やメニューとなっている。食材は季節のもので、心を込めて作ってくれた食事をゆっくり味わいながら楽しむだけで、元気になれそうである。

森と水、香りが一つになる山林治癒プログラム

山林治癒プログラムは、日帰りタイプ、宿泊タイプ、滞在タイプに分けられる。初めて利用する場合、1泊2日の宿泊タイプもいいかもしれない。まず、健康増進センターで、血圧や体成分などの測定や、握力、背筋力など、測定器を使った7種類の体力測定が行われる。特に、ストレス指数や原因などのチェックは喜ばれる項目である。測定後は、音波半身浴器や水圧で血液循環を促進させるアクアラインなどの6種類の最新型健康治癒器があり、心も体も癒してくれる。

山林治癒プログラムは、4つのテーマに分かれ、滞在中好きなテーマを選び日程が組める。治癒園にある「マシル道」を治癒指導師と共にトレッキングする「森・テラピー」が代表的である。運動法により、森の感性充電トレッキン グ、活力充電トレッキング、ロマン充電トレッキング、バランスウォーキングなどがある。活力充電トレッキングは、ウェアラブルをつけ、運動の強度による心拍数をチェックしつつウォーキングするプログラム。バランスウォーキングは、ノルディックポールを使ったトレッキングで、上半身と下半身をバランスよく使う全身運動でダイエット効果も期待できる。森の感性充電は、森の中を歩いたり、楽しんだり、山林体操などをし、ストレスを緩和させ自然と共感を得るというプログラムである。

山林治癒プログラムは、水を使った治癒プログラムもある。「水・テラピー」がそれだ。水の流れや水圧を使い、活力を養うというプログラムで、ベンチジェット、バブルジェット、ネックシャワーなどの全9種類のウォーター治癒施設が備わっている。露天風呂、足湯もあり、入場の際、水着やウェアなど全て準備してくれる。「休・テラピー」は、瞑想やマッサージ、香りを使った治癒などで体を軽く活性化させたり、薬剤茶を飲んだりと、心と体に休息を与えるための集中プログラムである。「DIY・ テラピー」は、香りの治癒法と工芸療法を合わせたプログラムである。アロマテラピーの説明を受け、アロマキャンドルや石膏の芳香剤作り、その過程で心身の安静を図ろうというものである。

山林治癒プログラム

森、水、休息、香りなどをテーマに様々なジャンルの治癒を経験できるプログラム。好みや健康状態に合わせて幅広く選択できる。昼食付きの日帰りコースは27,000ウォン、一番人気の1泊2日の宿泊コース は、3食付き、6時間のプログラムが組まれている。平日2人部屋基準で125,000ウォ ンである。

INFORMATION

  • +82-54-639-3400
  • 予約制
  • 要予約
  • 癒しの森 125,000ウォン(2人)

上記は、2017年12月31日現在です。