Go the body


トップページ   >   韓国のウェルネス   >   ビューティー(美容)&スパ   >   ヒノキ国酵素宮

韓国のウェルネス

印刷

ヒノキ国酵素宮

ヒノキ国酵素宮
편백나라 효소궁

 

入り口を入ると爽やかなヒノキの香りが立ち込める。ヒノキで仕上げた空間に置かれた家具も、全てヒノキが使われている。ヒノキの香りがほんのり漂う空間で、温かいハーブティーを頂くことから始まる。お茶の後はハイライトの「ヒノキ酵素浴」が始まるので、着替えて「酵素の部屋」へと入る。

生きた酵素で沐浴を

毎日午後7時は、酵素の「食事の時間」である。酵素の大好物である栄養満点の米ぬかを加え、よく混ぜて寝かせた後、午後10時から午前10時まで酵素を培養する。朝になると、酵素が放つ熱の温度は、60~70℃程度になる。この中に入っていると、肌に酵素が吸収されていく。酵素 浴の部屋にはベッドの大きさの四角いヒノキ樽がいくつもあり、そして気兼ねなく使えるように男性専用と女性専用とに分かれている。ヒノキ樽の中には、ヒノキののこくずや米ぬか、千里香、堅炭に酵素を培養した粉がたっぷり入っている。訪れる人々のための癒しの空間ではあるが、樽の中の主人公は、正に酵素である。一つの樽の中 には、30兆もの微生物が。酵素が呼吸し生きているヒノキ樽を、少し掘って横になると、まるで大地の上に身を任せたような心地良さが感じられる。培養された粉を体や顔にかけ、15分ほど経つと、酵素は皮膚層の4cmまで浸透していく。敏感肌の場合、酵素が浸透していく間、少しくすぐったい感じがするかもしれない。肌に吸収された酵素は、12時間の亢進作用を続け、後熟活動をするので石鹸などで洗い流さないほうが良い。粉を払い落とし、お湯のみで軽く流した後「ハーブ蒸気浴」へと移動する。ヒノキの湿式サウナは、ラベンダー、ローズマリー、ユーカリ、カモミールなど15種類のハーブを蒸して蒸気にした熱気でいっぱいだ。ヒノキとハーブの有効成分や香りが、開いた毛穴から皮膚の中へと浸透する。次のコースはヒノキの半身浴。温水加熱方式で、電磁波の心配はない。半身浴のあとには近赤外線の座浴とドライ式ヒノキの足 湯で締めくくる。

すべてのプログラムを終えた頃には、まるで新しい体になったような気分になる。ヒノキ国酵素宮の5段階のヒーリングプログラムは強力な印象を与える。酵素がぎっしり詰まった樽の中で、自然の熱で体が癒される感覚はまさに新感覚である。酵素浴は個人差はあるものの、ダイエット効果、免疫力強化、美容、痛みの緩和、血行の改善などと様々な効果があるといわれている。

酵素浴効果を高める方法

先にシャワーを浴びてから始めたほうが良い。酵素浴後の24時間は、シャワーなどはしないほうがいいからだ。5段階のヒーリングプログラムは、体温を高め、免疫力を強化するので、体を冷やしたり冷たい飲み物も控えたほうがいい。他の人が使用した樽は、1時間程空けておく。酵素が樽を殺菌するのに1時間ほどかかるからだ。なので、樽が空いているからと、好きに使用できる訳ではなく、予約が必ず必要となる。酵素が目覚めたばかりの朝が、温度が一番高く、効果も良いとされている。

INFORMATION

  • +82-62-372-5888
  • 10:00~20:00
  • 要予約
  • 酵素宮5段階ヒーリング体験 35,000ウォン

上記は、2017年12月31日現在です。

 

 



韓国の医療観光

韓国のウェルネス

韓国観光情報

お客様サポート

お役立ち情報

地域医療観光案内


私たちは、医療機関等の紹介を担当しており、医療サービスを提供する当事者ではありません。
したがって、医療機関等が提供している医療サービスの情報や内容などに関して一切の責任を負わないものとします。