Go the body


トップページ   >   お客様サポート   >   クレームセンター   >   医療紛争の解決支援

お客様サポート

印刷

医療紛争の解決支援

I. 医療紛争(Medical Dispute)とは?

 

1. 医療事故(Medical Accident)とは、医療行為中に医療従事者側の過失や患者側の素因(例:特異体質)などにより、患者に予期せぬ悪い結果が生じた場合を意味します。

 

 

2. 医療過誤(Medical Malpractice)とは、医療の過程において医療従事者が払うべき注意義務を怠ることにより患者に損害を及ぼした場合をいい、医療行為におけるすべての過ちを指します。医療過失(Medical Negligence)とは医療過誤の原因である医療従事者側の注意義務違反に対して法的非難の可能性があることを意味しており、医療事故がすべて医療過誤になるわけではありませんが、すべての医療過誤は医療事故と言えます。

 

 

3. 医療紛争(Medical Dispute)とは、医療行為における医療従事者側の過失による医療過誤が生じた場合だけではなく、問題の所在が明らかにされず争いがある場合など、両当事者の見解の違いにより合意に至らず争いが生じている状況を言います。

 

 

II. 医療紛争を未然に防ぐための対策

 

1. 外国人患者誘致業として登録されている誘致会社・医療機関であるか確認してください。
⇒ 医療機関を紹介する誘致会社、診療を受ける医療機関が外国人患者誘致業として登録されている合法的な機関であるか確認する必要があります。
http://medicalkorea.khidi.or.kr/ にてご確認できます。

 

2. 十分な説明を受けていますか?
⇒ 説明義務は医療従事者の最も基本的な義務です。契約書や手術同意書(informed consent)などを作成する際や診療を受ける際に、医療機関が行う医療行為の内容、副作用などに関し十分な説明があるかどうか確認してください。患者はその内容を正確に理解する必要があります。

 

3. 医療機関の医師が専門医であるかどうか、また、安全対策システムの有無について確認しましたか?
⇒ 医療機関の医師が診療を受けたい科目の専門医であるか確認してください。また、医師だけではなく、看護助務師(*日本の看護助手に相当)• 医療技士・通訳・病院の職員なども外国人患者の診療に関する法規および医療紛争の予防に関する内容をよく理解しているかどうか、また、血液や廃棄物の管理など安全対策システムが整っているかどうか確認してください。

 

4. 自身の状況について医師に詳しくお伝えください。
⇒ アレルギーの有無、体質、過去の病歴などを医師に詳しく説明し、医師が注意事項など患者の身体および文化的特徴を十分に理解しているか、しっかり確認してください。

 

5. 投薬における事故の防止
⇒ 処方や服用指導などの際、医師から詳しい説明を聞き、十分に理解する必要があります。注意事項がある場合は文書に作って薬とともに受け取るようにするなど、事故を未然に予防してください。

 

* 5つの的確な服用原則
- 患者に対する的確な把握、的確な処方、的確な用量、的確な服用、的確な時点

 

6. 紛争の解決方法が契約書に明記されているかどうか確認してください。 ⇒ 問題が生じた場合に備えた院内連絡網および患者アメニティシステムなどの有無および、診療契約書に紛争解決の手続きや方法などについて詳しく明記されているかどうか確認してください。

例:法的紛争が生じた場合、病院と患者はまず友好的な示談に向けて努力します。紛争が解決されなかった場合、病院と患者は韓国医療紛争仲裁法 第43条の「韓国医療紛争仲裁委員会」の決定を遵守します。

 

- 出所:医療紛争調整仲裁院 (http://www.k-medi.or.kr/)

 

III. 医療紛争の事後処理

 

医療事故により被害を被った場合、以下の方法で解決することができます。

 

① 医療従事者(医療機関)を相手に直接示談

 

② 医療仲裁院に調整や仲裁を申請

 

③ 裁判所で訴訟提起

 

 

被害者は上記の3つの方法の中から任意の方法を選ぶことができます。ただし、医療紛争調整仲裁院による調整・仲裁を利用することで、訴訟よりも時間と費用を節約することができます。

 

* 出所:医療紛争調整仲裁院

* 関連機関: http://www.k-medi.or.kr/



韓国の医療観光

韓国のウェルネス

韓国観光情報

お客様サポート

お役立ち情報

地域医療観光案内


私たちは、医療機関等の紹介を担当しており、医療サービスを提供する当事者ではありません。
したがって、医療機関等が提供している医療サービスの情報や内容などに関して一切の責任を負わないものとします。