協力機関認証制度 - Visit Medical Korea
Go the body

トップページ > 仁川医療観光案内 > 仁川医療観光案内 > 安心して訪問できる仁川医療観光 > 協力機関認証制度

仁川
医療観光案内   Regional Medical Tourism

印刷
map Seoul Busan Incheon Daegu Gwangju Daejeon Ulsan Sejong Gyeonggi Gangwon Chungcheongbuk-do Chungcheongnam-do Jeollabuk-do Jeollanam-do Gyeongsangbuk-do Gyeongsangnam-do Jeju

協力機関認証制度

概要

仁川医療観光実務協議会は、仁川広域市の先進医療技術と観光サービスを一つにして効率的な海外患者の誘致を行い、医療観光の活性化と職場創出に貢献するために2011年に設立されました。2016年6月現在、仁川医療機関実務協議会は26の医療機関で構成されており、ナウン病院対外協力チームのキム・ジンイル部長が仁川医療観光実務協議会の第4代会長を務めています。
 

  • 事務局 : 仁川広域市延寿区ケッポル路12 ミチュホールタワー16階  仁川観光公社医療観光事業団
  • 連絡先 : 032-899-7393/010-9700-5973  キム・ミンチョル書記

沿革

沿革
2011.8 実務協議会発足、アン・ジュンシク第1代会長(仁荷大学病院) 就任
2011.10.6 実務協議会会則 制定
2013.12.23 カン・ヒョンボム第2代会長(カトリック大学仁川聖母病院) 就任
2014.1.23 実務協議会会則第1次 改定
2014.7.1 仁川医療観光財団実務協議会を非営利団体に登録
2014.9.17 実務協議会会則第2次 改定
2014.12.16 ユン・ドンフン第3代会長(仁荷大学病院) 就任
2015.12.29 キム・ジンイル第4代会長(ナウン病院) 就任
2016.2.19 実務協議会会則第3次 改定

実務協議会の活動

仁川医療観光実務協議会は、仁荷大学病院や嘉泉大学吉病院など26ヵ所の医療機関で構成されています。年間事業費は7,000万ウォンから1億ウォンで、年6回以上定期会議を開催しています。
主な活動には、医療観光のための民官の橋渡しや海外患者の誘致活性化のための事業推進と発掘、国内外の医療観光広報支援、海外患者を誘致するための医療観光商品の開発などがあります。

<2016年の主な推進事業>

  •  海外行事に参加するための出張旅費(飛行機代、宿泊費)支援
  •  外国語通訳と翻訳料支援
  •  医療観光専門家の招待特別講演
  •  外国語併記看板の交換費用支援
  •  国内外の行事支援(仁川空港トランジット・メディカルツーリズムセンターの運営費支援)
  •  医療観光情報システム(MTIS)の構築と運営
  •  医療観光商品のウェブデザイン支援