Go the body

HOME > 江原医療観光案内 > 江原医療観光案内 > 診療科目 > プライマリ・ケア

江原道
医療観光案内   Regional Medical Tourism

印刷
map Seoul Busan Incheon Daegu Gwangju Daejeon Ulsan Sejong Gyeonggi Gangwon Chungcheongbuk-do Chungcheongnam-do Jeollabuk-do Jeollanam-do Gyeongsangbuk-do Gyeongsangnam-do Jeju

プライマリ・ケア

健康診断

これからはいかに長生きするか、の時代です。健康診断とは特定の疾病の有無を調べるもので、早期診断と早期治療がその目的です。

特に、高血圧や心臓病・糖尿病・肝臓疾患・がんなどの遺伝と環境、生活習慣、ストレスに深い関係のある成人病は、症状が出るまでにかなりの時間がかかり、自覚症状が出た時にはすでに手遅れという場合がよくあります。このような疾病を治療可能な時期に発見し、生活習慣に根差した危険因子も予め発見して疾病にかかることを防ぐのが主な目的です。

比較的正確な診断が下せる疾患、発病レベルが高かったり死亡の原因として大きな比重を占めている疾患、あるいは後遺症や副作用がひどい疾患、早期発見と早期治療が効果的な疾患などを検査対象としています。具体的には貧血と結核、高血圧、糖尿病、脳血管疾患、肝炎及び慢性肝臓疾患、一部のがんなどが主な対象となります。

脊椎関節

熟練の技術と経験を持っています。医学技術の発達による寿命の延長と経済的な条件の好転、患者の痛みに関する意識の変化などにより、全人工関節置換術(THA)を必要とする患者の数が次第に増加しており、特に、昔手術した患者が様々な原因で再手術しなければならない場合が増える傾向にあります。

特に人口高齢化に伴う脊椎やリウマチ、退行性関節炎の有病率が急速に上昇しているため、脊椎関節疾患患者に対する治療経験を基に、専門化した治療センターを運営しています。

消化器

合成、解毒、排泄など、生命維持の必須的役割消化器は体内での飲食物の消化と吸収、体内保存と主要生体活性物質の合成と解毒作用、排泄などの生命維持に必須の役割を担い、様々な臓器から成り立っています。

消化器センターでは食道、胃、小腸、大腸疾患と肝臓疾患、すい臓と胆道(胆嚢)疾患などの各種消化器疾患に対し、専門的な診療と治療を担当しています。

食道疾患には逆流性食道炎、食道運動障害性疾患、そして食道がんなどがあり、機能性消化管疾患、胃・十二指腸潰瘍、過敏性大腸症候群、炎症性腸疾患、胃がん、大腸がんなどの消化管疾患があります。肝臓疾患には脂肪肝、急性・慢性肝炎、アルコール性肝疾患、肝硬変、肝臓がんなどがあり、胆道やすい臓疾患には胆石、胆嚢炎と胆道炎、急性・慢性すい臓炎、胆嚢がん、胆道がん、すい臓がんなどの疾患があります。特に、韓国人の五大がんのうち三つ(胃がん、大腸がん、肝臓がん)が消化器系のもので、このような消化器にできるすべての悪性腫瘍を早期発見して完治させることを目標に診療に臨んでいます。

心血管

用意されたサービスが幸せな時間を保証します。心血管系疾患は先進国で死亡に至る疾患の中で最も一般的な原因の一つです。冠状動脈疾患と心不全が代表的な心血管系疾患で、それに対する社会的直接間接費用は増加傾向が続いています。

冠状動脈疾患の危険因子は、矯正可能な要因と矯正不可能な要因に分けられます。性別、年齢、家族歴が矯正不可能な要因に属し、喫煙や高血圧、糖尿、肥満、ストレス、高脂血症、活動量の減少のようなものが矯正可能な要因に属します。従って、このような危険因子をいくつか持っていたり、長い間調節しなかった場合、冠状動脈疾患の発生する可能性が高くなります。

冠状動脈疾患を予防して発生を少なくさせるために、矯正可能な危険因子を把握して調節することが重要です。禁煙をして血圧と血糖を適切に調節し、高脂血症に対する管理と継続した運動が必要です。

冠状動脈疾患が疑われる場合は、いろいろな検査を行って診断できます。冠状動脈造影検査により血管の狭窄を直接検査でき、最近ではCT技術の発達により非侵襲的な検査もできます。頸動脈超音波で頸動脈の厚さとplaque(粥状動脈硬化斑)の有無を観察して、冠状動脈疾患の可能性を把握することもできます。臨床的に深刻な冠状動脈疾患が診断された場合、ステント留置術や冠状動脈迂回術のような手術を行って治療します。最近は技術の進歩により、比較的簡単な病変や手術の危険性が高い患者を、ステント留置術を利用して簡単に治療できるようになり、多くの患者の役に立っています。

 




私たちは、医療機関等の紹介を担当しており、医療サービスを提供する当事者ではありません。したがって、医療機関等が提供している医療サービスの情報や内容などに関して一切の責任を負わないものとします。